守備力アップ どうしたらうまくなる?

守備力アップ どうしたらうまくなる?

先日、兵庫夙川ボーイズが愛媛合宿に

行ってきました。

 

 

私の高校時代の野球部の同級生が

 

松山坊ちゃんボーイズの監督をしており

 

年に1回愛媛で試合を行っております。

 

大野監督お世話になりました。

 

 

 

 

いろいろな話の中で、

 

監督が

 

内野の守備がうまくならんのじゃ

(松山弁

 

何とかならんか。

 

と懐かしい言葉。

 

守備(ゴロ捕球)は本当に難しいですよね。

 

うまくなるには練習しかないのですが

 

やり方1つでレベルアップの速度が

変わってきます。

 

これは本当です。

 

 

 

【ゴロをうまく処理する選手】

 

★捕りやすいバウンドに入っていける。

 

このいいバウンドのところに入っていくことが難しい。

 

 

指導者に

 

なんで、腰が高いんやとか

 

グラブが下から入って来てないとか

 

捕り方がぎこちないとか

 

 

 

いろいろな事を言われている選手いますよね。

 

 

そこでへこんではいけませんよ 

練習あるのみ

必ずうまくなります。

 

 

 

 

【理想】

 

ゴロ捕球時に、

 

★グラブが下から出て

 

★腕を柔らかく使い

 

★いいタイミングで

 

★捕りやすいバウンドで

ゴロがとれたらいう事なしです。

 

みんなこの感覚を目指してます。

 

 

下の動画は、

 

野球心板グラブをつけて間もない選手と

やり続けている選手の違いを出しています。

 

ボールを捕る形

 

腕を柔らかく使いながらの捕球動作

 

グラブの面の使い方このような動作が

 

勝手に出来てしまってます。

 

 

両手に板をつけます!