野球での動体視力の鍛え方は、まずは150km以上の速さのものを見ること

野球での動体視力の鍛え方は、まずは150km以上の速さのものを見ること

野球で必要な動体視力

 

バッティング時での動体視力の鍛え方は

速いボールを見ることこれしかないです。

 

動体視力を鍛える

いろいろなトレーニング方法があります。

 

 

速いボールを見せるって言うけど

 

どうするん?

 

このような答えが返ってきますよね。

 

 

先日

大阪のトーアスポーツマシンの会社にお邪魔して

ドラム式のマシンと野球心ボールの愛称を

調べてもらいました。

 

ドラムマシンは、普通の軟式マシン

 

このマシン使用しているチームがあれば

是非野球心ボール試してください。

とんでもない速いボールが体験できますよ。

 

 

 

このマシンで野球心ボールを使用しての

速さを調べてもらいました。

 

実際にマシンに入れて

見てみました

 

えっ

 

速いやん

 

 

 

ちなみに

女子ソフト日本代表のエース上野さん

 

投手版から 本塁までの距離 13.11mでの速さで

最高速度121キロ

そのスピードは野球での体感速度160-170km/hに匹敵

 

野球心ボールの速度

マシンとバッターボックスの距離およそ7~8メートル

この時のスピード98キロ

 

これを計算すると

 

8メートルで計算すると

投手版から 本塁までの距離18.44メートル

 

8メートル×2倍=16メートル

普通に計算すると16メートルで196キロ

18.44メートルで計算すると

とんでもない計算になります。

 

どちらにしても

水口が実際に打席に立って体感しました。

 

今まで見たことないスピード

 

これは打てん

 

しかし

 

この速さで

バッティング練習すると

バッティングフォームにいろいろな変化が起こります。

 

実際

野球心の生徒が行っておりますが、

トップからバットを出す速さ・角度が

抜群に良くなっております。

 

この練習は、

トップレベルのプロ野球にも

お勧めだと思いますよ!

 

お問い合わせ先

野球心

 

 

ショップ

野球心オンラインショップ