超高速マシン登場 

超高速マシン登場 

アマチュア野球のレベルが高くなりました

 

 

たまに高校生の試合も観戦する機会があります。

 

 

レベルが高い

 

 

特にピッチャー

 

 

高校生になると145から150㌔普通に出てますよね。

プロも顔負けです。

 

 

そういえば、最近プロ1年目が活躍する選手

増えてきましたよね。

 

 

アマチュア野球のレベルも上がってきた証拠ですね。

 

 

【最近このような言葉を耳にします】

 

高校野球で、ピッチャーのボールが

 

めちゃめちゃ速い

 

 

対応できない

 

 

なんかいい方法ないかな?

 

 

耳にします。

 

 

 

めちゃめちゃ速いということは

 

そのボールを日頃から見ていないから

 

速く感じるだけであり

 

 

日頃からめちゃめちゃ早いボールを

 

見ていたらどうなりますかね。

 

 

答え

 

速い投手のボールが

 

普通に見えます。

 

 

分かってるわいそんなこと  ですよね。

 

 

 

その要望に応えたいと思い

 

 

いろいろ考えている時に

 

 

レッスン中に生徒から

 

えっいう声

 

ボールが浮いた

 

 

何を言っているかわけわからないこと言ってる

と思ってましたが

 

 

生徒が

 

 

マシンに野球心ボールが混ざってました。

 

めちゃめちゃ速かった。

 

 

この言葉見逃しませんでした。

 

 

普段は、軟式・硬式用のアームマシンを使用して

 

レッスンを行ってます。

 

 

このマシンの中に野球心ボールが混ざり

 

とんでもない速いボールが登場しました。

 

 

今度は私がアームマシンの中に

 

野球心ボールを入れて見てみると

 

見たこともないボールがバッターボックスに

 

突き刺さりました。

 

 

しかし

 

アームマシンで野球心ボールを入れると

 

軽すぎて、アームの先の部分を軟式・硬式用の

角度に調整しているので、高目に浮きホップします。

 

規格だおれでした

 

今度は、ドラム式のマシンはどうかと思い

ダメもとで入れてみました。

 

その結果は下のユーチュブ動画で見てください。

 

速いですよ。

 

中学生用の速さに設定しているので

 

本当はもっと速くなります。

 

注 ドラム式のマシンでもコントロールの安定していないマシンもあります。